【教案&イラスト】みんなの日本語初級Ⅱ 第45課

2020/07/04
2021/08/25

この課では「~場合は」と「~のに」を学習します。「~のに」は逆説の「~が」との違いをはっきりし、誤用のないようにしましょう。

使用教科書 

語彙

V

謝ります 合います[事故に] 信じます 用意します キャンセルします うまくいきます 優勝します

なadj

いadj

N

保証書 領収書 贈り物 間違い電話 キャンプ 係り 中止 点 レバー 札 係り員 
コース スタート ~位

副詞

ちゃんと 急に

その他

楽しみにしています。 以上です。

新出語彙シート

アプリに関しては別記事で詳しく紹介していますので、興味のある方はぜひこちらを参考にして見てください!(→Langoal Appの使い方)

[普通形]場合

導入

T:土曜日はバーベキューです。係りの人が説明します。雨です。中止です。雨の場合は中止です。
S:雨の場合は中止です。

T:都合が悪いです。教えてください。都合が悪い場合は教えてください。
S:都合が悪い場合は教えてください。

T:予定表が必要です。さしあげます。予定表が必要な場合はさしあげます。
S:予定表が必要な場合はさしあげます。

T:遅れます。連絡してください。遅れる場合は連絡してください。
S:遅れる場合は連絡してください。

T:参加できません。手をあげてください。参加できない場合は手をあげてください。
S:参加できない場合は手をあげてください。

T:用事ができました。メールを送ってください。用事ができた場合は、メールを送ってください。
S:用事ができた場合はメールを送ってください。

T:今日は「場合は」を勉強します。「場合は」の前は何形ですか?
S:普通形?
T:いいですね。普通形です。

[ふつうけい]ばあいは、~ 

V
おくれる    ばあいは、れんらくしてください。
さんかできない ばあいは、れんらくしてください。
ようじができた ばあいは、れんらくしてください。

いadj
つごうがわるい ばあいは、れんらくしてください。

なadj
予定表がひつような ばあいは、 れんらくしてください。

Nの
あめの     ばあいは、ちゅうしです。

T:「場合は」はどんな時に使いますか。
(少し考えさせる)
T:あまり起きないことが起きたときに使います。セットの言葉もあります。

まんいち~ばあい 

*まん=10000
*いち=1   

*「場合は」は実際に起きたことには使えない
(ex)〇3年前地震が起きたとき私は10歳でした。
   ×3年前地震が起きた場合私は10歳でした。

*「場合は」は絶対に起きないことに関しては使えない。
(ex)〇私が鳥だったら空を飛びたいです。
   ×私が鳥の場合は空を飛びたいです。

 *よくないことに使うことが多い。
(ex)〇宝くじが当たったら仕事をやめます。
   ×宝くじが当たった場合仕事をやめます。 

*[辞書形]場合と[た形]場合の違いは「とき」と同じなので学習者自身に考えさせるといい。
(ex)遅刻する場合は、~(連絡します)
   遅刻した場合は、~(先生に謝ります)
(ex)授業を休む場合は、~(朝電話しなければなりません)
   授業を休んだ場合は、~(自分で勉強しなければなりません)

練習<動詞>

応用

~場合は、どうしたらいいですか。→~したらいいですよ。

B-1, C-1

練習<形容詞・名詞>

B-2, B-3

[普通形]のに

導入[普通形]のに~

T:佐藤さんです。たくさん勉強しました。それで試験に合格しました。「ので」で言ってください。
S:たくさん勉強したので合格しました。
T:鈴木さんです。全然勉強しませんでした。でも試験に合格しました。全然勉強しなかったのに合格しました。
S:全然勉強しなかったのに合格しました。 

T:佐藤さんです。たくさん食べました。太りました。「ので」で言ってください。
S:たくさん食べたので太りました。
T:鈴木さんです。たくさん食べました。でも痩せています。たくさん食べたのに痩せています。
S:たくさん食べたのに痩せています。

T:私です。毎日運動しています。でも痩せません。「のに」で言えますか。
S:毎日運動しているのに痩せません。

ぜんぜん べんきょうしなかったのに ごうかくしました。 

たくさん たべたのに やせています。 

まいにち うんどうしているのに やせません。 

T:「全然勉強しなかったのに、合格しました」私はどんな気持ちですか。
S:びっくりします。
T:そうですね。
T:「毎日運動しているのに痩せません」私はどんな気持ちですか。
S:がっかりします。
T:そうですね、「のに」はびっくりした時、がっかりした時、嬉しくない時に使うことが多いです。
T:動詞の何形ですか。
S:普通形です。
T:いいですね。形容詞、名詞も使えます。 
T:木村さんです。調子が悪いです。でもお酒を飲んでいます。調子が悪いのにお酒を飲んでいます。
S:調子が悪いのにお酒を飲んでいます。
T:どんな気持ちですか。
S:びっくりします。 
T:木村さんは歌が下手です。でも歌うのを続けています。下手なのにずっと歌っています。
S:下手なのにずっと歌っています。
T:どんな気持ちですか。
S:うれしくない気持ちです。 
T:今日は日曜日です。でも学校に行かなければなりません。日曜日なのに学校に行かなければなりません。
S:日曜日なのに学校にいかなければなりません。
T:どんな気持ちですか。
S:がっかりします。

ちょうしが わるいのに おさけをのんでいます。 

へたなのに ずっとうたっています。

がくせいなのに ぜんぜんべんきょうしません。 

T:な形容詞、名詞は「なのに」になります。

[ふつうけい]のに *なadj/Nなのに

→「びっくり」「がっかり」「うれしくない」ときにつかいます。

*「が」と「のに」の違い

→「が」…単なる逆説。丁寧形も普通形もどちらも接続できる。

→「のに」…意外や不満の気持ちがある。普通形に接続する。

(ex)このレストランは高いですが、おいしいです。
   このレストランは高いのに、おいしくないです。 

練習<動詞>

B-4

練習<形容詞・名詞>

応用

「ので」「のに」二つの文を作る

B-5, B-6, C-2

導入[普通形]のに。

<びっくり>
A:お昼に5キロも走りました。
B:え?こんなに暑いのに。 

<不満>
A:飲み過ぎて何も覚えていません。
B:飲み過ぎるなと言ったのに。 

<残念>
A:合格しませんでした。
B:本当ですか。あんなに勉強してたのに。 

練習

B-7, C-3

会話

宿題

宿題では下記の3冊をレベルや目的、やる気に応じて使い分けています。どのように使い分けているかはこちらから
(⇒【初級日本語】授業の流れ

関連記事

関連書籍

カテゴリー

みんなの日本語Ⅰ 教案 >1課 >2課 >3課 >4課 >5課 >6課 >7課 >8課 >9課 >10課 >11課 >12課 >13課 >14課 >15課 >16課 >17課 >18課 >19課 >20課 >21課 >22課 >23課 >24課 >25課 みんなの日本語Ⅱ 教案 >26課 >27課 >28課 >29課 >30課 >31課 >32課 >33課 >34課 >35課 >36課 >37課 >38課 >39課 >40課 >41課 >42課 >43課 >44課 >45課 >46課 >47課 >48課 >49課 >50課 みんなの日本語 教材 みんなの日本語Ⅰ 語彙 みんなの日本語Ⅱ 語彙 カテゴリー別 語彙 >食べ物 >果物・野菜 >寿司 >場所 >スポーツ >洋服 >動物 語彙検索ツール >ツールの使い方 形(活用形) 文字 >ひらがな >カタカナ >漢字 JLPT 文法 >N5・N4 Langoal アプリ
お役立ち情報
Blog
書籍紹介